知っておきたい!身近な病気の怖さ・・・今日から始めよう!口腔ケア

早めに行こう!歯医者さんへ

歯周病かなと思ったら

まずはご自身の口の中の状態について考えてみましょう。

・歯茎が赤く腫れている
・歯を磨くと出血がある
・目に見える歯石が歯と歯の間に溜まっている
・朝起きた時に口の中がネバネバしたような感覚がある
・口臭が気になる
・歯の丈が長くなったような気がする
・歯がグラグラする

など思い当たることはないでしょうか。
このどれかに当てはまると、歯周病もしくは今後その可能性があると考えられます。
軽い炎症程度であれば、歯磨きの仕方で改善できることもありますが、歯周炎まで進行している場合は一度歯医者さんでチェックをしてもらい、早めの対処をオススメします。

また歯医者さんでは、半年に一度くらいのペースで定期検診を推奨しているので、この機会にぜひご自身の口の中をチェックを行い、今後定期的に検診を受けてみてはいかがでしょうか。

今からでも間に合う!対策と予防

まず重要なポイントは2つです。

1つ目は、毎日の正しいブラッシングです。
ただ歯磨きを毎日すればいいというわけではなく、正しいブラッシング方法を身につけることが重要となります。
自分の歯に合った歯ブラシを選び、優しく丁寧に磨きましょう。
すでに歯茎が腫れていて痛みがある方は、その部分だけ避けて磨こうとしてしまうかもしれませんが、汚れが付着したまま歯石が溜まる原因となりますので、優しく磨いていきましょう。

2つ目は生活習慣の見直しです。
規則正しい生活を送ることで、歯周病を進行させる原因が減ることになります。
一気に生活を変えることは長続きしない原因となりますので、まずは自分が実践できることから少しずつ変えていき、規則正しい生活を目指していきましょう。


シェア
TOPへ戻る